コラム

溶接工として上を目指すために必要な資格とは?

こんにちは!茨城県神栖市に拠点を構え、県内を中心に活動する株式会社ONE PLUSです。
弊社はプラントなどにおける配管工事や溶接工事、鍛冶工事を手掛けております。
「溶接工として上を目指すにはどのような資格が必要なのかな?」と疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は「溶接工として上を目指すために必要な資格とは?」というテーマに沿って情報をお届けいたします。
ぜひ最後までご覧ください!

溶接技能者


溶接技能者の資格は、溶接工として働くうえで最も基本的な資格の一つです。
日本溶接協会が実施する評価試験を受け、合格すれば資格を取得できます。
溶接技能者の資格には基本級と専門級の2つが設定されています。

基本級

基本級は下向きの体勢で行う溶接や板の溶接のみが対象とされています。

専門級

立ったままや横向き、上向きの溶接、水平・鉛直固定での溶接、板や管の溶接と、専門級では、幅広い作業が対象となります。

アーク溶接技能者、アルミニウム溶接技能者、ステンレス鋼溶接技能者など、溶接技能士の資格は細分化されています。
自分の職種に合わせたうえで選択し取得することが必要です。

溶接管理技術者

溶接管理技術者は、溶接技能者よりも更に上の資格です。
溶接技術のみならず作業現場における管理能力が求められます。
溶接管理技術者の資格を取得すると、単に溶接作業をするだけでなく、工事や施工現場における管理や監督、計画を任せられる立場になります。
溶接技能者の資格と同様に、日本溶接協会が実施する試験に合格することで取得できる資格です。

新規スタッフを求人募集中!


プラント配管工事や溶接工事、鍛冶工事の仕事を始めてみませんか?
茨城県神栖市に拠点を構える弊社では、新規スタッフの求人募集を行っております。
未経験の方でも、工具の使い方から仕事の進め方など、基礎的なことから丁寧に指導を行いますので、ご安心ください。
なお、経験者の方は給与面で優遇いたします。
コラムを読んで「溶接をやってみたい!」「溶接で上を目指したい!」と思った方は、ぜひ採用情報ページからお気軽にご応募くださいませ。
たくさんのご応募お待ちしております。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。