コラム

溶接工に将来性はあるの?

こんにちは!茨城県神栖市に拠点を構え、県内を中心に活動する株式会社ONE PLUSです。
弊社はプラントなどにおける配管工事や溶接工事、鍛冶工事を手掛けております。
「溶接工になりたいけど、将来が不安……」
このようになかなか一歩を踏み出せない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は「溶接工に将来性はあるの?」をテーマに設定してご解説を行います。
ぜひ、最後までご覧ください!

溶接工の仕事とは


溶接工の主な仕事は、金属同士を溶接し加工することです。
複数の金属をつなぎ合わせ、部品を組み立てるモノづくりの中でとても重要な役割を担っている仕事です。
重い物を扱うことも多く、さまざまな体勢で作業をするので体力が必要になります。

溶接工の現状

溶接の歴史は非常に長く、はるか昔から人類の生活に役立てられてきました。
実際に日本では弥生時代の銅鐸から溶接跡が確認されています。
長い間受け継がれた技術がなくなることは考えにくいです。
これから先も社会から溶接工の仕事がなくなることはないといえるでしょう。
また、溶接工として活躍している人は年齢を重ねた方が多く、若い世代が少ない傾向にあります。
一人前になるまでの育成に時間がかかる業界でもあります。
そのため、体力と技術のある若手の溶接工は多くの企業で重宝されることとなるでしょう。

溶接工の需要

製造業は時代が進むにつれて機械化される作業が多くなりました。
溶接ロボットができる作業の幅も少しずつ広がっていくと考えられています。
しかし、図面の考案や検討はもちろんのこと、特殊な材料に関する加工や美しい仕上げなど、経験を積み重ねた職人にしか担当できない仕事があるのも事実です。
そのため、溶接工の需要が完全になくなる可能性は低いと考えられます。

新規スタッフを募集中です!


弊社では、現在、新規スタッフの求人募集を行っております。
入社後は、プラント配管工事や溶接工事、鍛冶工事に携わっていただきます。
「難しそう……」「未経験でもできるのかな?」と不安に思う方もいらっしゃると思いますが、ご安心ください!
最初は簡単な作業からから始め、段階的に仕事をお任せしていきます。
ご興味を持たれた方は、採用情報ページからお気軽にご応募くださいませ。
やる気と向上心がある方からのご応募をお待ちしております。
最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。